【8127ヤマトインターナショナル】株主総会の議決権行使書が届きました!!

こんにちは、まみこです。
8月に権利落ち日を迎えた、ヤマトインターナショナルについて、株主総会の議決権行使書が自宅に届きました!


初めてのことなので、せっかくなので記事にしてみました!

なお、「資産運用を始めた方がいい3つの理由」ということで過去に記事にまとめています!
まだ資産運用を始めていない方は、ぜひ一度ご覧ください♪

この記事を書いているのはこんな人

まみこGX(@mamicoooGX)

目次

ヤマトインターナショナルってどんな会社?

50年の伝統があるファッションブランド、CROCODILE(クロコダイル)で有名な、大阪に本社を置く、アパレル系の会社です。
過去には阪神タイガースの、掛布、岡田、真弓、岡田をクロコダイルのCMに起用したこともあるそうですね!

ヤマトインターナショナルの過去10年以内の業績を確認してみます。

2016年8月期に34億の当期純損失を計上した以外は、黒字経営を続けていました。
また、経常利益に限ると、過去10年黒字経営でした。

しかし、アパレル系の企業も、今般の情勢の影響を大きく受けています
10月9日に発表された、2020年8月期決算通信によれば、経常利益は7億6千万円の赤字となってしまいました。

株主総会の議決権行使書って?

株式会社は株主によって成り立っているので、株主は経営方針などに口出しする権利があります。
その口出しする場というのが、株主総会です。

日本の株式会社の多くは、単元株式数を100株としています。
100株以上保有する株主は、株主総会に参加し、各議案に対する賛否を表明する権利(=議決権)が与えられます。

議決権を行使するには、次の方法があります。

  • 指定された日時・場所の株主総会に出席する方法
  • 書面で賛否を表示し、郵送する方法
  • インターネットによる方法

なお、「株主総会への来場を見合わせ、書面またはインターネットによる事前の議決権行使を強くご推奨申し上げます。」
といったことが書いてあります。

まみこ

今回はインターネットによる議決権行使を試してみるよ!

議案の内容

今回の株主総会の議案の内容は次のとおりです。

第1号議案

剰余金の処分の件

第2号議案

取締役6名選任の件

第3号議案

監査役2名選任の件

第4号議案

補欠監査役1名選任の件

第1号議案については、今期決算の赤字に伴って、繰越利益剰余金が減少してしまったので、安定的な株主還元(配当金等)を確保するため、各種積立金を取り崩して、その減少を補てんするという内容です。
また、期末配当金を1株あたり6円とするという内容です。

まみこ

ほかの議案を含めても、特に否認する内容ではないので、早速賛成の意思を示してみるよ!!

インターネットによる議決権行使をやってみた!

議決権行使書に書いてあるURLにアクセスしてみます。

画像出典:みずほ信託銀行株式会社ホームページ

みずほ信託銀行株式会社のページのようです。
次へすすみます。

画像出典:みずほ信託銀行株式会社ホームページ

ログイン画面になりました。
議決権行使書に記載されている議決権行使コードを入力して、次へ進みます。

画像出典:みずほ信託銀行株式会社ホームページ

議決権行使書に記載されているパスワードを入力した上で、独自のパスワードを設定します。

画像出典:みずほ信託銀行株式会社ホームページ

パスワード登録が完了したことが表示されます。
続いて投票画面へ移動します。

画像出典:みずほ信託銀行株式会社ホームページ

すると議決権行使Webサイトが開き、株主名などが表示されています。
メニュー内の「ご投票」をクリックします。

画像出典:みずほ信託銀行株式会社ホームページ

議案別に賛否投票をするか、一括で賛成投票するか選べるようです。
今回は議案別賛否投票を選んでみます。

画像出典:みずほ信託銀行株式会社ホームページ

それぞれの議案に対し、賛成・否認を選べるようになっていますね。
2号議案や3号議案のように複数名選任の場合は、一部を除外して賛成・否認をすることができるようです。
今回はすべて賛成にします。

画像出典:みずほ信託銀行株式会社ホームページ

確認画面が表示されるので、よければ「投票」を選びます。

画像出典:みずほ信託銀行株式会社ホームページ

これで投票完了です!とても簡単でした

初めての「議決権行使書」について まとめ

  • 生まれて初めて、株主総会の議決権行使書が自宅に届きました!
  • インターネットによる議決権行使、やってみたらとても簡単でした♪

まみこでした。


↓お金にまつわるオススメ書籍です!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる