米国大型高配当株ETF<VYM>を徹底解説!【株価、配当、構成銘柄】

※本記事は、2021年3月26日に最新の情報でリライトしました。

ペン太

VYMってどんな銘柄なの?

まみこ

高配当の米国大型株を集めたETFだよ!

この記事はこんな方にオススメ
  • 米国株ETFに投資してみたい
  • VYMの配当について知りたい
  • VYMの構成銘柄が知りたい

この記事を書いているのはこんな人

まみこGX(@mamicoooGX)

目次

ETFってなに?

ETFは、Exchange Traded Fundの略で、上場投資信託とも言います。
運用の専門家が、投資家の代わりに運用を行ってくれる点は通常の投資信託と変わりませんが、ETFは株式取引のようにリアルタイムに売買取引をすることができます

ETFと、投資信託はそれぞれ特徴があり、メリットやデメリットがあります。
こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

米国大型高配当株ETF<VYM>を徹底解説!

ここからは、VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)について徹底解説していきます。

VYMの概要

世界三大運用会社の一つである、バンガードが運用します。
VYMは、FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスへの連動を目指すインデックスETFです。
FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスは、米国株式市場の高い配当利回りの銘柄で構成されています

概要をまとめると、次のとおりです。

名称バンガード・米国高配当株式ETF
ティッカーVYM
ベンチマークFTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス
資産分類株式
経費率0.06%
構成銘柄411銘柄
設立日2006年11月10日
純資産総額約325億$
※2021年2月28日時点

経費率の低さ、構成銘柄の多さ、設立日の古さなどの特徴があります
2008年のリーマンショックを経験しているので、当時の株価変動を確認することができます。
これらの特徴は、同じバンガード社のVIGとも共通しています。

VYMは、VIGと比較されることの多いETFです。
VYMは高配当株を集めたETFであるのに対し、VIGは増配株を集めたETFとなっています
VIGについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

VYMのチャート

VYMが設立された、2006年11月10日からのチャートの推移は次のとおりです。
青いチャートがVYM、オレンジのチャートはS&P500指数を示しています。

画像出典:TraddingView

あくまで株価チャートで見たところでは、S&P500指数ほどのパフォーマンスは発揮できていません。
最近のチャート推移では、S&P500指数は6月にコロナショック前の高値を超えています。
対してVYMは、12月にようやくコロナショック前の高値を超えました。

VYMはキャピタルゲインよりも、高配当を期待したいETFですね

とはいえ、株価は順調に伸びており、2021年3月18日には上場来最高値の102.03ドルを記録しています。

キャピタルゲインとは

株式や債券などの金融資産を売却して得られる利益のことです。
また、金融資産を保有中に得られる収益のことを、インカムゲインといいます。

VYMの配当日、配当利回り

VYMの配当日は、3月、6月、9月、12月の年4回です。
2021年3月23日に発表されたばかりの「2021年3月配当金」は、0.6564ドルです。
これは、前年同期比で18.39%の増配です

近年の株価と分配金の推移は次のとおりです。

日付株価終値過去12ヶ月分配金過去12ヶ月分配金利回り
21年3月25日100.00ドル3.0081ドル3.00%
20年3月25日64.81ドル2.7446ドル4.23%
19年3月25日84.21ドル2.6924ドル3.19%
18年3月26日82.49ドル2.4495ドル2.96%
「過去12か月分配金利回り」ってなに?

直近12ヶ月間に支払われた分配金額を、直近のファンドの基準価額で割ることで求められます。

どうしてそのような求め方をするの?

ETFは、株式のように株主総会で配当金を決定するわけではありません。

配当などの収益から経費率を差し引いて、分配することになっています。

この計算方法は、「投資信託」と同様です。

2020年3月25日は株価が暴落した直後であり、一時的に利回りがかなり高くなっていますが、これは異常値です。
VYMの分配金利回りは、基本的には2%後半から3%前半を推移しています

同じく米国の大型高配当株ETFのHDVは、VYMより若干経費率が高いものの、配当利回り3.5%から3.9%を推移しています
HDVについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

VYMの運用実績

1年3年5年10年設定来
基準価額19.68%7.37%11.36%11.39%7.88%
市場価格19.53%7.37%11.34%11.39%7.87%
ベンチマーク19.53%7.39%11.39%11.34%7.96%
※2021年2月28日現在

過去1年では、2020年3月までの暴落相場の株価と、現在の株価を比較していることから、大きなプラスとなっています。
VYMは設定年の古いETFで、2008年のリーマンショックも経験していることから、設定来のパフォーマンスはそれほど大きくありません。
ただし、時間をかけて緩やかに株価を上げている特徴があります。

分配金(インカムゲイン)と共に、値上がり益(キャピタルゲイン)も若干期待することができます


VYMの構成銘柄

VYMは、2020年2月28日時点で411銘柄で構成されています。
組入上位10銘柄と、その他の銘柄との構成比率は次のとおりです。

※2021年2月28日時点

VYMは、411銘柄で構成されているものの、上位10銘柄で既に約25%を占めています。

同じく米国の大型高配当株を集めたHDVと、上位10銘柄が重複しているものもあります。
通信大手のベライゾンやAT&T、エネルギー大手のエクソンモービル、シェブロンなどです。
HDVは構成銘柄が70で、上位10銘柄だけで全体の6割を占めています。
より厳選した銘柄でハイパフォーマンスを目指すHDVと、分散が効いて安定感のあるVYMという違いがありますね

VYMのセクター比率

VYMのセクター比率は次のとおりです。

※2021年2月28日時点

金融セクターの割合が高いものの、それ以外はバランスよくセクター分散されています。
ファンドの方針として、高配当を生むものの安定感に難がある、不動産セクターが含まれていないのが大きな特徴です

対してSPYDは不動産が上位3セクターに含まれていることで、高配当を実現しています。
SPYDについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

金融
  • JPモルガン・チェース(JPM)
  • バンク・オブ・アメリカ(BAC)
ヘルスケア
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)
  • ファイザー(PFE)
生活必需品
  • プロクター・アンド・ギャンブル(PG)
  • ウォルマート(WMT)

上位3セクターに含まれる企業をいくつか抽出してみました。

  1. 金融
    JPモルガンやバンクオブアメリカは、世界有数の金融機関です。
  2. ヘルスケア
    ジョンソンエンドジョンソンは製薬、医療機器、その他ヘルスケア製品を取り扱う多国籍企業です。
    ファイザーは製薬会社として、2019年世界の医薬品売上高2位を誇ります。
  3. 生活必需品
    P&Gは、パンパース、アリエール、パンテーン、ファブリーズなど、日本でも馴染みのある製品を多く取り使っています。
    ウォルマートは、世界最大のスーパーマーケットチェーンです。


世界的に知名度の高い、大型株が上位に含まれており、安定感を感じることができます

VYMのメリット、デメリット

米国大型高配当株ETFであるVYMに投資する上でのメリット、デメリットを整理します。

VYMに投資するメリット

メリット
  • 「安定感」と「高配当」のバランスが取れたファンドである。
  • 高配当株ETFの中でも、経費率が最低水準である。
  • リーマンショックと「2020年3月の暴落」、2度の不景気を経験している。

VYMに投資するデメリット

デメリット
  • 株価チャートの伸びは、S&P500指数に比べて緩やかであり、キャピタルゲインへの期待感は微妙である。
  • HDVやSPYDほどの高配当は期待できない。

米国大型高配当株ETF<VYM>を徹底解説! まとめ

ペン太

VYMのことが何となくわかったよ。

まみこ

私はVYMは買ってないんだ。

ペン太

どうして?

まみこ

HDVやSPYDを買うことでリスクをかけつつ高配当を実現して、VIGを買うことで安定感を高めているんだ。

ここまで、米国大型高配当株ETFであるVYMについて徹底解説してきました。
重要なポイントをまとめると、次のとおりです。

  • VYMは、「安定感」と「高配当」をバランスよく組み合わせた優良ファンドである。
  • VYMは、安定感を求める分だけ、HDVやSPYDほどの高配当は期待できない。
  • VYMは、高配当株ETFの中でも経費率が最低水準である。
ペン太

VYMを買ってみたいな!どうしたらいいの?

まみこ

私は、楽天証券口座で買っているよ!
米国ETFの買い方は、この記事で解説しているから、読んでみてね♪

まみこでした。

投資に関するオススメ書籍はこちら↓

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる