自己株式取得(自社株買い)ってなに?【メリット、デメリットを解説】

ペン太

自社株買いってなに?

まみこ

市場に流通している自社の株を買い戻すことだよ。

ペン太

どういう目的があるの?

まみこ

目的はいろいろあるけど、株価が上昇するから、結果的に株主還元になるよ!

今日は、株主還元の一つとして実施されることが多い「自己株式取得(以下、「自社株買い」)」について解説します。

この記事はこんな方にオススメ
  • 自社株買いについて知りたい
  • 自社株買いのメリットやデメリットについて知りたい
  • なぜ自社株買いが株主還元になるのか知りたい

この記事を書いているのはこんな人

まみこGX(@mamicoooGX)

目次

自社株買いの目的、メリット

画像出典:Unsplash

自社株買いには、次のような目的やメリットがあります。

  1. 株価を上昇させる
  2. ROEの改善
  3. 事業承継対策
  4. 敵対的買収への対策

順番に解説していきます。

1.株価を上昇させる

自社株買いをすると、PERが下がって、結果的に株価が上昇します。
表にまとめると次のようになります。

自社株買いの前自社株買いの後
株価500円500円
当期純利益1億円1億円
発行済株式数400万株250万株
1株当たり純利益25円40円
PER20倍12.5倍
※150万株を自社株買いした場合

このように、PERが20倍から12.5倍に下がりました。
業績に関係なくPERが下がって割安になっている状態なので、株が買われて株価が上がり、PERは元に戻ります。
PERが20倍まで戻るということは、株価が800円まで上がるということになります。

PERについてはこちらで詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

2.ROEの改善

自社株買いは、ROE(自己資本利益率)の改善につながります。
ROEは、次のように求めることができます。

ROE=当期純利益÷自己資本×100

自己資本とは、株主からの出資金(=株主資本)や純資産などです。
自己資本でどれだけの利益を上げられているかを示す指標となります。

自社株買いをすれば、株主資本を減らした上で同じ利益を上げていることになるので、ROEが高くなり、銘柄の魅力が高まります
銘柄の魅力が高まるということは、株が買われやすくなり、株価が上昇します。

ペン太

自社株買いをすることで、PERが下がって、ROEが高くなるんだね。

まみこ

株価が上がることで、株主の含み益が増えて、株主還元になるんだね!

3.事業承継対策

中小企業の事業承継時に、自社株買いが行われることがあります。

企業の経営陣は、自社の株を数%保有していることがあります。
A社の社長が退任するにあたって、社長が持っていた株を後継者が引き継ぐと、相続税が発生します
そこで、A社が後継者から株を買い戻すことで、後継者は相続税納付のための現金を得ることができます。

このように、特定の人から自社株買いするケースもあります。

4.敵対的買収への対策

敵対的買収とは、例えばA社が、B社の同意を得ずにB社の株式の取得を始めるようなケースです。
A社がB社の株式を過半数以上取得すると、議決権の過半数を取得したことになり、実質B社を支配したことになります。

自社株買いを進めると、1.で述べたように株価が上昇します。
株価が上昇すると、買収にかかる資金も増えるので、株式取得を困難にさせる効果があります

自社株買いの後は?⇒処分または消却

ペン太

自社株買いで買い戻した株は、その後どうなるの?

まみこ

処分(売却)するか、消却の手続きをするよ!

1.処分

自社株買いした株式の処理の方法の一つは、処分です。
処分とは、株式を売却することです。
市場に流通している株式数が増えるので、自社株買いと逆のことが起こり、株価が下落します

2.消却

自社株買いした株式の処理の方法の二つ目は、消却です。
消却は処分とは違い、株式自体を消し去ってしまうということです。
発行済株式数が減りますので、1株当たりの価値が高くなり、株価が上昇します。


自社株買いのデメリット?

画像出典:Pixabay

自社株買いのデメリットを紹介します。

1.資金繰りが悪化する

自社株買いは、その対価としてその会社のキャッシュを払わなければなりません。
取得する株式数によっては、多額の資金が必要になります。
手元資金が少なくなってしまうので、安全性の検討が必要です。

2.自己資本比率が低下する

自己株式は、貸借対照表でいうところの、純資産の部のマイナス勘定になります。
自社株買いをすると、「現金」が減少し、マイナス純資産の「自己株式」が増加するので、自己資本比率が低下します。
自己資本比率が低いことは、投資家だけでなく、融資を受けている金融機関にとってもマイナスイメージとなります

自己株式取得(自社株買い)について まとめ

ペン太

自社株買いのメリットやデメリットがわかったよ。

まみこ

いろいろなメリットがあるけど、キャッシュ・フローが安定しているかどうかチェックが必要だね!

自社株買いのメリットやデメリットについて解説しました。
重要なポイントをまとめると、次のとおりです。

  • 株価上昇などのさまざまなメリットがあり、株主還元策として使われることがある。
  • 自社株買いの後は、処分(売却)または消却の手続きがされる。
  • 自社株買いをすると、資金繰りが悪くなるなどのデメリットがある。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログでは、投資初心者に向けた記事を多く執筆しています。
こちらの記事にまとめていますので、ぜひ併せてご覧ください。

まみこでした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる