割安株かどうか見極める方法【PBRとPERを使います】

ペン太

任天堂の株を買いたいけど、今の株価が高いか安いかわからない・・・。他の株に比べたらすごく高いよね。

まみこ

PBRやPERという指標を見れば、現在の株価に妥当性があるかどうか判断できるよ!

この記事はこんな方にオススメ
  • 割安な株を買いたい
  • PBRとPERの違いがわからない
  • PBRとPERのどちらを重視したらいいかわからない

この記事を書いているのはこんな人

まみこGX(@mamicoooGX)

目次

そもそも株価ってなに

画像出典:Unsplash

まずは、株価がそもそもどうやって決まるのか解説していきます。
株価は1株あたりの値段のことを言います。

株価を決める要因① 需要と供給のバランス

株価は、需要と供給のバランスによって、上がったり下がったりします。
良いニュースがあったり、将来性が期待できる株は株価が上がっていきます。

株価を決める要因② 発行済株式数

株価は、企業が発行した株式の数によって上下します。
企業が100万株を発行しているとして、その企業の株価が10,000円だったとします。
ここで企業が、1株を2株に分割する株式分割をすると、発行済株式数は200万株になります。

この時、理論上の株価は5,000円になります。

ペン太

なんで株価が下がっちゃうの?

まみこ

企業の価値は、株価ではなくて時価総額で表すんだ。時価総額は、次の式で算出できるよ!

時価総額=株価×発行済株式数

ペン太

うーん、ピンとこないなあ。

まみこ

任天堂と、ソニーで比較してみるよ!

株価発行済株式数時価総額
任天堂(7974)56,930円131,669,0007,495,916百万円
ソニー(6758)9,757円1,261,058,78112,304,150百万円
※株価は2020年12月3日終値、発行済株式数は有価証券報告書による

株価は任天堂の方が高いですが、時価総額は任天堂(7974)が約7兆円、ソニー㈱(6758)が約12兆円です。

時価総額は、その会社を買収する時にかかる金額の目安となる指標です。
つまり時価総額を見ることで、その企業がどれくらいの価値を持つのかがわかります。

ペン太

任天堂よりソニーの方が企業価値が高いんだね。

まみこ

株価が高い企業ほど企業価値が高い、とは限らないことがわかったね!

また、「自社株買い」をすると市場に流通している株が減って、株価が上昇します。
こちらの記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。



割安株かどうか見極める方法

画像出典:Unsplash

ここからは、買いたい株の株価が割安かどうか見極める方法を解説していきます。今回は、PBRとPERという指標を使います。

PBRとPERって?

まずは、PBRとPERという2つの指標がどういうものか解説します。

PBR

PBRは、Price Book-value Ratioの略です。
PBRは、次の式で算出することができます。

PBR=株価÷1株あたり純資産

純資産(Book-value)は、総資産額から負債を引いたものです。
株主からの出資金や、これまでの利益が蓄積されています。財務諸表では、貸借対照表(BS)に記載されます。

PER

PERは、Price Earnings Ratioの略です。
PERは、次の式で算出することができます。

PER=株価÷1株あたり純利益

純利益(Earnings)は、利益から経費や税金を差し引いた金額のことです。
純資産は過去何年もの蓄積ですが、純利益は「1決算期」のうちに上げた利益です。
財務諸表では、損益計算書(PL)に記載されます。

PBRとPERはどう違う?

計算式から分かるように、二つの指標の違いは、分母が純資産か純利益かということです。
すなわち、PBRとPERの違いは次のように整理できます。

PBR

株価に対して、どれくらい純資産を持っているか

PER

株価に対して、どれくらい利益が出せるか

PBRは何倍がいい?

PBRは、1倍が目安とされています。
1倍ということは、株価と1株当たりの純資産が一致していることになります。
純資産は、総資産額から負債を引いたものなので、企業の資産価値を表していると言えます。

つまり、PBRが1倍を超えているということは、企業の資産価値以上に株価が値上がりしているということです。
逆に、PBRが1倍を割り込めば、一般的に割安株であると言えます。

PERは何倍がいい?

PERの目安は、市場によって異なります。次のように言われることが多いです。

  • 日本株の場合⇒15倍が目安
  • 米国株の場合⇒20倍が目安


PERは、株価に対してどれだけの利益が出せるかという指標です。
PERが15倍とすると、その企業を買収した時に利益が元が取れるまでに15年かかるという見方をすることもできます。

なぜ日本株のPERの目安が15倍になるかというと、過去の日経平均株価のPERの平均が14倍~16倍になるからです。

出典:日経平均比較チャート https://nikkei225jp.com/data/per.php


PBRとPERの業種別平均

PBRの目安は「1倍」、PERの目安は「15倍」とご紹介しましたが、あくまでこれは目安に過ぎません。
PBRやPERを見る時は、同業種の他企業と比較しましょう

なぜなら、セクターによってトレンドがあるからです。
例えば、業績が絶好調なセクターは天井が近いと感じられて、あまり「買い」が進まなくなります。
利益は上がっているのに株価が上がらないと、PERが高くなります。

なお、統計資料を見ることで、セクターごとのPBR・PERの平均を確認することができます。
日本株では、JPX(日本取引所グループ)が毎月統計を発表しています。

セクターPER(倍)PBR(倍)
1 水産・農林業13.91.1
2 鉱業5.20.3
3 建設業8.80.9
4 食料品21.91.6
5 繊維製品30.50.8
6 パルプ・紙9.90.6
7 化学23.91.8
8 医薬品31.82.5
9 石油・石炭製品0.5
10 ゴム製品9.40.9
11 ガラス・土石製品20.31.0
12 鉄鋼0.5
13 非鉄金属40.80.7
14 金属製品23.00.9
15 機械26.31.7
16 電気機器32.32.3
17 輸送用機器19.30.9
18 精密機器48.13.9
19 その他製品23.52.1
20 電気・ガス業10.50.6
21 陸運業16.41.2
22 海運業12.00.6
23 空運業20.60.8
24 倉庫・運輸関連15.10.8
25 情報・通信業31.72.0
26 卸売業11.70.9
27 小売業35.82.1
28 銀行業8.60.4
29 証券、商品先物取引業11.70.9
30 保険業35.82.1
31 その他金融業8.60.4
32 不動産業11.70.7
33 サービス業13.80.7
出典:JPX 規模別・業種別PER・PBR(連結・単体)2020年11月

今回は加重平均で表にまとめています。

ここまで任天堂とソニーを比較してきましたが、東証33業種によれば、任天堂は「その他製品」、ソニーは「電気機器」に分類されますので、同業種として比較するのはふさわしくないかもしれません
任天堂(7974)はゲームのハードやソフトを取り扱っていますが、ソニー(6758)はゲームだけでなく、映画や音楽分野を取り扱っているからです。

それぞれのPBRとPERは次のとおりです。

PBRPBR(業種平均)PERPER(業種平均)
任天堂(7974)4.06倍2.1倍19.37倍23.5倍
ソニー(6758)2.39倍2.3倍15.04倍32.3倍
※2020年12月4日終値時点

どちらの株もPBRは業種平均を上回っています。
これまで積み上げてきた純資産で考えると、任天堂もソニーも、現在の株価は割高であるということです。

逆にPERは、どちらの株も業種平均を下回っています。
ソニーは10月に、任天堂は11月に中間決算発表がされました。
それをもとにした、21年3月期決算時点の当期純利益予測(市場予測平均)によってPERが計算されています。
年間に上げることのできる利益で考えると、任天堂もソニーも、現在の株価は割安であるということです。

ペン太

結局、割安なのか割高なのかわからないね・・・。

まみこ

PERとPBRのどちらを重視して投資判断をするかは、市場の状況や投資家の考え方によって変わってくるよ!



PBRとPERのどちらを重視すべきなのか

将来の利益(PER)か、その会社の資産価値(PBR)のどちらを重視するかについての正解はなく、市場の動向(景気や国の政策など)や投資家の投資方針によるところが大きいです。

一つの考え方を書きます。
PERは1決算期の純利益による指標であるのに対し、PBRは過去積み上げた純資産による指標です。
つまり、次のように整理することができます。

  • PER⇒短期保有の時に参考にする指標
  • PBR⇒長期保有の時に参考にする指標

長期投資をするのであれば、直近1,2年の利益よりも、財政状況が安定していることで、長いスパンで安定した経営が見込めるかどうかを重視したいところです。
私は基本的に長期保有を投資方針としていますので、財政状況が安定していて、かつ割安な株を買うように意識しています。

すなわち、私の場合はPERよりもPBRを重視して投資判断を行っています

割安株かどうか見極める方法 まとめ

ここまで、PBRとPERという二つの指標を使った、割安株かどうか見極める方法について解説してきました。
重要なポイントをまとめると、次のとおりです。

  • 企業の価値は、株価ではなく時価総額が表している。
  • PBRは純資産、PERは当期純利益を基準とした、株価の妥当性を示す指標である。
  • PBRとPERのどちらを重視するかは、市場の動向や投資スタイルによるところが大きい。
ペン太

欲しい株だけを見るんじゃなくて、他の株と比べてみることが大事だとわかったよ。

まみこ

割高と判断されたとしても、成長著しい企業だったりするとむしろ今が買い時かもしれないよね。あくまで指標は目安でしかないから、判断材料の一つに留めよう!

本記事のような、投資初心者向けのまとめ記事を公開しています。
ぜひ併せてご覧ください。

まみこでした。



投資に関する筆者オススメの書籍はこちら↓


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる