お好み焼きを食べに行きました!【現地で”広島風”や”広島焼き”って言ったらダメ!】

こんにちは、まみこです。
今日は広島市安佐北区の方で用事があって、近くに美味しいお好み焼き屋さんがあると聞いて行ってきました!

お好み焼きは、広島と大阪で、それぞれ全然違う食べ物として売られていますよね!
みなさんは、この2種類のお好み焼きを区別して相手に伝える時に、なんと表現していますか?

私は広島県内在住なのですが、次のように表現します。

  • お好み焼き
  • 関西風お好み焼き
まみこ

広島県外の読者の皆さんからしたら、もしかしたら違和感があるかもしれないね!

しかし、広島へ観光などに行ったときに、次のように表現すると、現地の人に睨まれてしまうかもしれません・・・。

  • 広島風お好み焼き
  • 広島焼き
ペン太

え、”広島風”って普通に使ってたよ・・・。

まみこ

今日は広島のお好み焼きの歴史を調べることで、お好み焼きが広島の人たちにとってどういうものなのか探るよ!その後、実際に今日行ったお店を紹介するね!

この記事を書いているのはこんな人

まみこGX(@mamicoooGX)

目次

広島のお好み焼きの歴史

ここからは、広島のお好み焼きの歴史について簡単にまとめていきます。

お好み焼きは、戦後の苦しい食生活の中で生まれた

画像出典:Unsplash

第二次世界大戦が終わった後も、日本ではなかなか食べ物が手に入らず、苦しい食生活を送っていました。
そんな中で、アメリカからの支援物資として配給された小麦を水で溶き、ねぎ、キャベツ、もやしと一緒に焼いて食べていたそうです。
これがお好み焼きの発祥と言われています。

広島でお好み焼きが広まった理由

当時の広島には鉄を扱う工場が多く、鉄板が手に入りやすい環境にあったことが、広島でお好み焼きが広まった理由だと言われています。
広島市内を中心に、屋台などでお好み焼きを売る店が増えていきました。

住宅を改装してお好み焼き屋さんを始める人が急増!

昭和30年代に入ると、住宅を改装してお好み焼き屋さんを始める人が急増しました。
今も広島では、外観は完全に住宅なのに、お好み焼きの暖簾を出しているお店をたくさん見かけます。

まみこ

住宅街の中でも、ふとしたところにお好み焼き屋さんが表れて、こんなところに!って嬉しくなるよ^^

当時から、おばちゃんが店主を務めていたお店が多かったそうです。
今も昔ながらのお好み焼き屋さんといえば、「みっちゃん」とか、「よっちゃん」とか、「ちゃん」がつく名前のお店がたくさん見られます。

カープ初優勝で一気に全国へ広まった!?

画像出典:Pexels

1975年に広島東洋カープがセ・リーグ初優勝を果たしましたが、街の様子を伝えるテレビ中継で、お好み焼き屋さんがたくさん映り、それがきっかけで一気に全国に広まったと言われています。

まみこ

広島の人にとってお好み焼きは、戦後復興とともに歩んできた思い入れのあるソウルフードなんだね。広島風の「風」という言葉には、「本来のお好み焼きとは違う、その地域特有の別のもの」と言われているように感じてしまうから、現地の人にとって気持ちのいいものではないんだ。

広島の生活に溶け込んでいる、お好み焼き

ペン太

広島の人はしょっちゅうお好み焼きを食べてるの?

まみこ

大げさじゃなく、しょっちゅう食べているよ(笑)

私は広島で会社員として働いていますが、毎週水曜日はお好み焼きを出前で頼んでいます
旦那にも聞くと、同じように毎週水曜日に職場内の希望者で、お好み焼きを出前で頼んでいるそうです。
毎週頼む人も多いそうですよ!

とてもいい匂いがするので、窓口業務の方は現実的ではないかもしれませんね(笑)
私は毎週お好み焼きを食べているわけではありませんが、定期的に食べたくなります

お好み焼きを食す!!

ここからは、本日行ってきたお好み焼き屋さんをご紹介します。

焼助(やきすけ) 知る人ぞ知る名店!!

本日行ってきたお好み焼き屋さんは、広島市安佐北区深川にある、「焼助(やきすけ)」というお店です。
私の職場の上司から、「焼助だけは絶対行った方がいい!」とオススメされていました。
別の用事で近くまで行ったので、この焼助へ行ってみることにしました。

住宅を改装したようなたたずまいで、中年のご夫婦お二人でお店を切り盛りされているようです。

ちょうどお昼時に行ってしまいましたが、すぐに座ることはできました。
しかし、大量のお好み焼きを並行して焼いていました(10枚以上を並行して焼いていたと思います!)。
お店に入るなり、

店員

すごく時間がかかると思いますが、よろしいですか?

と言われました。
今般の情勢もあって、お持ち帰りの注文をする人がたくさんいたようです。
その後もお持ち帰りの注文をされる方がたくさん来られて、お好み焼きの枚数によっては1時間以上かかることを伝えていました。

もともとお好み焼きは焼くまで20分程度は待つものですが、この日は座ってから40分ほど待ちました。

まみこ

とても美味しそうでしょ?

この日は、肉玉そばを2枚頼みました。
豚肉と卵とそばが入るお好み焼きのことです。ほかに、生地とキャベツともやしが入ります。
「そば肉玉」という頼み方をする人もいます!

クセのない、王道のお好み焼きという感じでした!
麺やキャベツは硬すぎず柔らかすぎず、絶妙でした♪
あらかじめ麺にソースを絡ませているので、追加でソースをかけなくても美味しくいただけます^^

自宅に帰ってから調べてみると、約30年続く、地元に愛されるお店だそうで、ネット上での評判もすごく良いです!
これまでいろいろなお店でお好み焼きを食べてきましたが、私の中で上位に入る美味しさでした!!

広島でお好み焼きを食べに行きました! まとめ

今日は広島でお好み焼きを食べに行きましたので、お好み焼きの歴史や、今日行ったお店についてご紹介しました。
この記事をまとめると、次のとおりです。

  • 広島の人にとってお好み焼きは、戦後復興とともに歩んできた思い入れのある食べ物
  • 現地で「広島風お好み焼き」や「広島焼き」という表現はタブー!郷に入っては郷に従え(>_<)
  • 広島市安佐北区にある、焼助というお店のお好み焼きは、王道の絶品お好み焼きでした♪
まみこ

エラそうに書いてきたけど、実は私は広島出身ではないんだ。でも長く広島に住むことで、「お好み焼き」がいかに広島の人たちに愛されている食べ物であるかわかったよ!!

GoToトラベルキャンペーンが終わってしまう前に、ぜひ広島へお越しください♪
以前、GoToトラベルキャンペーンの一環で「地域共通クーポン」をもらって、広島にある「うさぎの島」へ行ってきました!
「地域共通クーポン」を使えば、昼食代がほとんどかかりませんでした。また、飲食代だけでなく体験イベントなどにも使えるみたいですよ。


可愛いうさぎの写真もありますので、ぜひご覧ください^^

まみこでした。

広島観光ならこちらの書籍がオススメ↓

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる