【アプリで家計管理!】”無料プランで”徹底比較!3社の家計簿アプリを実際に使ってみた結果

こんにちは、まみこです。
今日は家計簿アプリのご紹介です!
クレジットカードや口座を登録するだけで、あっという間に収支管理ができる家計簿アプリ。

今日は、私が長年使っている2つの家計簿アプリ、マネーフォワードMEMoneytree、そして、前から気になっていたZaimを実際に使ってみましたので、計3社を徹底比較します!

どのアプリも、無料プランで使っていくことを前提に比較をさせていただきます♪

この記事はこんな方にオススメ
  • 毎月どれくらいの支出と収入があるのか把握したいと思っている方
  • 紙の家計簿から、家計簿アプリに移行できないか考えている方
  • どの家計簿アプリがいいかわからなくて迷っている方

この記事を書いているのはこんな人

まみこGX(@mamicoooGX)

目次

家計簿アプリとは?

家計簿アプリは、事前にご自身が使っている銀行口座や、クレジットカードをインターネット上で連携させて、自動的に利用履歴や残高情報などを取得し、更に食費や光熱費などのカテゴリ分けを自動で行い、家計簿を作成してくれるアプリです。
口座残高の増減推移を確認したり、毎月の収支を確認したり、カードの引き落としなどの通知機能があったりします。

証券口座の連携もできるので、株や投資信託などを保有している人は、増減の推移を家計簿アプリ上で確認することができます。

ホウ博士

銀行口座や証券口座に入っているお金の総計(資産)から、クレジットカード利用額など(負債)を引くことで、実際に残っているお金(純資産)が分かるよね!これがアプリ上で一目で分かるから便利なんだ!

まみこ

我が家は、給料のうち私と夫で10万円ずつ家計に入れて、あとは自分が自由に使えるお金なんだ。家計をマネーフォワードMEで自分のお金をMoneytreeで管理しているよ。

3社のメリット、デメリットを解説

ここからは、3社のメリットおよびデメリットを解説していきます。

マネーフォワードMEのメリット、デメリット

マネーフォワードMEは、利用者1,000万人を超える人気No1アプリです!
連携に対応している、金融機関やクレジットカード(以下、「口座等」)が圧倒的に多いのが人気の秘密です。

  • 連携に対応している口座等の数が圧倒的に多い!
  • 自動振替機能の精度が良い!
  • 口座ごとであれば、残高推移が1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年単位のグラフで見れる!
  • 次回引き落とし額・日付の通知や、先月より利用額が多いことの通知など、通知機能が充実している!

どの家計簿アプリにもある、振替機能について、解説しますね。
例えば、クレジットカードで1,000円のものを買い物して、来月末に銀行口座から1,000円が引き落とされるとします。
どちらも支出として計上してしまうと、実際に使ったお金は1,000円なのに、2,000円の支出として家計簿ができてしまいます。
これを防ぐのが、振替機能です。クレジットカードと銀行口座どちらもデータ連携していれば、クレジットカードの利用明細を支出として計上し、銀行口座からのカード引き落としは振替として処理します。
家計簿アプリは、基本的にはこれを自動でやってくれます。とはいえ、口座引き落としの時の口座明細の表示などで、自動振替ができておらず、自分でデータ修正する必要があることもあります。


マネーフォワードMEは、この振替機能の精度が高く、ほとんどデータ修正をしたことがありません!

まみこ

無料版だと、連携できる口座等の数が10個までなんだ。これがすごく痛い・・・。銀行口座、証券口座、複数のクレジットカード・ポイントカードなどを連携しているとあっという間だよ。

Moneytreeのメリット、デメリット

ゾウのアイコンが可愛いシンプルなアプリです♪AppStoreBestに2年連続で選ばれています!

  • ログインするだけでデータの一括取得を自動でやってくれる
  • 連携できる口座等の数に上限なし!
  • 純資産、資産、負債が一目でわかる!シンプルでわかりやすい
  • スマホを横向きにするだけでグラフが表示!収支の推移や残高推移など
  • 次回引き落とし額・日付の通知や、大口取引の通知など、通知機能が充実している!

他のアプリの無料版では対応していない、データの一括取得機能が最大のウリだと思います!
画面もシンプルで、手軽にグラフ機能が使えて、個人的にはイチオシのアプリです!!

しかし、非常に残念なのが、利用者の多いような割と有名な口座等でも対応していないことがあります(楽天銀行やネオモバイル証券など)。
「対応している口座等の数」で比較すると、マネーフォワードMEと比べてもそんなに差はないのですが・・・。

まみこ

え、なんでそれがないの・・・。ってことがよくあるよ。「対応予定」となっていれば、気長に待てば対応することがあるよ。ちなみに楽天銀行は対応予定になってるから、期待してます・・・。

Zaimのメリット、デメリット

マネーフォワードMEに次ぐ人気を誇ると言われるZaimです!
もともと気になっていたアプリでして、この機会にダウンロードして、今後使う前提で、連携したいものすべてを連携してみました!

  • 連携できる口座等の数に上限なし!有名どころもしっかり押さえている印象♪
  • カレンダーで収支を見ることができる!他社には意外とない機能。
  • 予算機能あり!今月〇円使ったからあと〇円。
  • Amazonや楽天市場などショッピングサイトとも連携することで、カテゴリの自動振り分け機能の精度がアップ!買ったものの品名まで自動的に明細に反映!!

有名どころの口座等を抑えており、登録上限もないところがいいですね!
また、ショッピングサイトと連携することで、カテゴリ分けの精度が高まるのは非常に助かります。

まみこ

これは食費じゃなくて、日用品・・・。という修正が少なくて済むからね!他の家計簿アプリは、店舗の名前だけで判断しているみたいから、間違いが多いんだ!

対してデメリットは、好きなタイミングでデータ取得ができないこと。
月末にまとめて整理するという方はいいのですが、毎日アプリを開いてコツコツ整理したい人にとっては不便に感じるかもしれません。

”無料プランで”徹底比較!家計簿アプリ3社比較 まとめ

ここまで、無料プランで家計簿アプリ3社を比較してきました。
重要なポイントをまとめると、次のとおりです。

  • 連携したい口座等の数が少ない(10個以内)人⇒マネーフォワードME
  • 連携したい口座等の数が多く、コマめに収支の確認をしたい人、データを一括取得したい人⇒Moneytree
  • 連携したい口座等の数が多く、収支確認は月に数回程度しかしない人⇒Zaim
まみこ

どのアプリも、一長一短という結果になったね。

ホウ博士

今回は無料版で比較したけど、もし有料版で比較した場合は、連携に対応している口座等の数が多い、マネーフォワードMEがやっぱり強そうだね!今回紹介したデメリットが全て解消されちゃうからね!

今回ダウンロードしたZaimもしばらく使ってみようと思います!
まみこでした。

広告

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる