【徹底解説!】マイナポイント事業スタート!最大で5,000ポイント還元!忘れずゲットしよう!

こんにちは、まみこです。
2020年9月からいよいよスタートした、マイナポイント事業
すでにキャンペーンは始まっていますが、乗り遅れた方もまだ全然間に合います。
できるだけ分かりやすく解説していくので、どうぞご覧ください♪

この記事はこんな方にオススメ
  • マイナポイントとはなにか知りたい人
  • おトクなマイナポイントをバッチリゲットしたい人
  • キャッシュレス決済を始めている人・始めようか迷っている人

この記事を書いているのはこんな人

まみこGX(@mamicoooGX)

目次

マイナポイントとは

マイナポイントとは、マイナンバーカードを使って申し込みし、選んだキャッシュレス決済サービスで、チャージやお買い物をすると、ご利用金額の25%分のポイントがもらえる国の事業です(上限は5,000円)。
マイナンバーカードと、キャッシュレス決済が必要です。
国としては、どちらも普及させたいと思っているものなので、一石二鳥ですね。

まみこ

最大で、20,000円払えば5,000ポイントが戻ってくるってことだよね。マイナンバーカードの作成は少し手間だったけど、それ以外は簡単に手続きできたよ。

還元は、選んだキャッシュレス決済のポイントとして還元されるんだ。例えば、PayPayボーナス、LINEポイントだね。還元方法はキャッシュレス決済ごとに違うから、事前に確認しておこう。

マイナポイントの申し込み方法

さっそく申し込んでみましょう!
申し込みにあたって、必要なものは次の通りです。

  • マイナンバーカード
  • 設定済の、マイナンバーカードのパスワード(暗証番号・数字4桁)
  • (あると楽!)対応機種のスマートフォン もしくは、パソコンとICカードリーダ

まずは、マイナンバーカードがないと手続きができません。
また機会があれば、マイナンバーカードの取得についても別記事で解説させていただきますね。
マイナンバーカードの取得については、総務省のホームページをご覧ください。

さて、マイナンバーカードの取得時には4桁の暗証番号を設定しています。
取得したのが少し前になると、忘れてしまいますよね。
おそらく、設定した暗証番号の控えをもらっているはずですので探してみてください。
もし暗証番号を忘れてしまった場合、お住まいの自治体での手続きが必要になるかと思います。


一応、上記2つがあればOKです。

対応機種のスマートフォンもしくは、パソコンおよび対応機種のICカードリーダがあれば、ご自宅でマイナポイントの申し込みができます!
スマートフォンの対応機種については、マイナポイントのホームページでご確認ください。

(※例えばiPhoneだと、iPhone7以降のものが対象機種のようですね)
ICカードリーダの対応機種については、公的個人認証(電子証明書)サービスポータルサイトのページからご確認ください。


対応機種のスマートフォンをお持ちの場合、公式の「マイナポイントアプリ」をダウンロードして、画面に従って手続きします。
パソコンと対応機種のICカードリーダがある場合、マイナポイントのホームページから手続きを進めます。

まみこ

私は、iPhone8を持っているから、AppStoreでマイナポイントアプリをダウンロードして、手続きしたよ!
マイナンバーカードにiPhoneを乗せるよう言われて、「読み込みが完了しました。」って出たときは驚いたよ!(笑)

対応機種のスマートフォンなどをお持ちでない場合でも、「マイナポイント手続スポット」で手続きができます。
市町村窓口、郵便局、コンビニ、携帯ショップなどがこれに該当するようですね。
マイナポイント手続スポットについては、「マイナポイント手続スポット検索」で検索できます。

選択するキャッシュレス決済サービスによっては、マイナポイント手続スポットでの手続きに対応していないものがあるよ。事前に、マイナポイントのホームページで確認しよう。

キャッシュレス決済、結局どれがいい?

さて、このおトクなマイナポイント事業ですが、選択できるキャッシュレス決済は1つだけです。
ですので、何を選択するか悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。
そこで、どういう視点で決済サービスを選んだらよいか解説します。

ちなみに、対象となるキャッシュレス決済の代表的なものは、以下のようになっています。

クレジットカード
  • オリコカード
  • 楽天カード
  • dカード  など
電子マネー
  • Suicaなどの交通系IC
  • nanaco
  • WAON
  • 楽天edy  など
QRコード決済
  • PayPay
  • LINEPay
  • 楽天Pay
  • メルペイ
  • d払い  など
ほかに、プリペイドカードデビットカードなど

詳細については、マイナポイントのホームページで確認してください。

視点1 20,000円以上の買い物をする予定がないか考える

すごくおトクなこのマイナポイント事業ですが、あくまで還元の上限は5,000円です。
5,000円の還元をもらうためには、お買い物の合計が20,000円必要です。(※20,000円×25%=5,000円)
逆に考えれば、一度で20,000円以上のお買い物をすれば、このマイナポイント事業の旨味はすべて吸い尽くしたことになります!

例えば、ビックカメラで3万円の炊飯器を買う予定があるとします。
ビックカメラの支払いは、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済(PayPay,LINEPayなど)など幅広く対応しているので、マイナポイントに対応していて、自分が持っている決済サービスを選択すればOKです。

ペン太

事前に、LINEPayでマイナポイントを申し込んだよ。ビックカメラで3万円の炊飯器を買って、LINEPayで決済♪数日後に、5,000LINEポイントが返ってきたよ!!

視点2 普段からよく使っているキャッシュレス決済が何か考える

日常的に使っているキャッシュレス決済サービスはありますか?
イオンで食料品を購入している人は、WAONを使っているかもしれません。
いろんなものをネット購入で済ませている人は、楽天カードの利用が多いかもしれません。

このマイナポイント事業の終了は、2021年3月31日までを予定しているようなので、
日常的に利用しているキャッシュレス決済サービスがあれば、
無理して大きな買い物をしなくても、問題なく20,000円を使い切れるのではないでしょうか

マイナポイント事業スタート!最大で5,000ポイント還元! まとめ

  • マイナンバーカードを取得し、好きなキャッシュレス決済サービスを選んで申し込みをするだけで、買い物金額に応じて最大5,000ポイントの還元がもらえる!
  • 日頃から使っているキャッシュレス決済サービスがあれば、意外と簡単に上限までポイント還元がもらえる!
まみこ

いろいろおトクなことがわかったけど、何かデメリットとかあるのかな?

マイナンバーカードの取得までには、何か月もかかることがあるんだ。
申請はインターネットでもできるけど、受け取りは住んでいる市町村窓口になるよ。
とても大事なカードだから、手続きに手間が取られるのはしょうがないんだけどね。

まみこ

マイナンバーカードを持ってない場合は、早めに取得手続きが必要だね!

マイナンバーカードと、キャッシュレス決済を一気に普及させようと国が始めた事業ですが、25%還元は国の本気度が伺えますね!
このおトクなサービスに乗っからない手はありません。申し込みはお早めに!

まみこでした。








広告

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる