サムティ<3244>が21年11月期第1四半期決算を発表!【増配へ一転!理由を解説】

ペン太

サムティは、最近どうなの?

まみこ

3月30日に、第1四半期決算が発表されたよ!

この記事はこんな方にオススメ
  • 日本株を買いたいけど、なにを買ったらいいかわからない
  • サムティがどんな銘柄か知りたい
  • サムティの最新の業績を知りたい

この記事では、2021年3月30日に発表されたサムティの第1四半期決算の内容についてご紹介します。。
過去の業績や財務指標については、こちらの記事で詳しく解説しています。
ぜひ併せてご覧ください。

この記事を書いているのはこんな人

まみこGX(@mamicoooGX)

目次

サムティ(3244)の事業概要

画像出典:Pixabay

ここからは、サムティが行っている事業について解説していきます。

サムティの会社概要

サムティ株式会社は、大阪市淀川区に本社を置く不動産会社である。収益不動産等の企画開発・不動産投資ファンドの運用・管理・投資を行う「不動産事業」、マンション・オフィスビル等の賃貸・管理を行う「不動産賃貸事業」、「その他の事業(おもにホテル運営等を行う)」を行っている。

ウィキペディア(Wikipedia)から引用

サムティグループとして、不動産系の子会社を複数設置しています。
事業用地の仕入から、マンションの企画・開発、賃貸募集、物件管理、販売、保有までをグループ内で完結できる「総合不動産会社」です。

不動産事業

不動産ファンドや個人投資家向けに、マンションやホテルの開発・販売などを行っています。
マンションでは、競合の少ない「賃貸マンション」に力を入れているところがポイントです。
不動産ファンド向け賃貸マンションとして、「S-RESIDENCE」シリーズという商品があります。

RESIDENCE(レジデンス)とは

住宅の中でも、特に大きな邸宅や高級住宅を指す言葉です。
不動産用語として、高級分譲マンションを指すことが多いです。

不動産賃貸事業

マンション、オフィス、商業施設などの賃貸・管理事業を行っています。
賃貸ニーズの把握、施策立案、リーシング(賃貸募集)を社内で完結することで、高い稼働率を実現しています。

その他の事業

保有・運営するホテルからの客室収入・運営報酬や、分譲マンションの管理運営報酬などを得ています。
センターホテル東京、エスペリアイン日本橋箱崎、エスペリアイン大阪本町のホテル運営を行っています。


サムティ(3244)が第1四半期決算を発表!

画像出典:Unsplash

2021年3月30日に、サムティの通期決算が発表されましたので、その内容を解説していきます。
なお、特定銘柄および株式市場全般の推奨や株価動向の上昇または下落を示唆するものではありません。投資の判断は自己責任でお願いいたします。

株価指標と配当利回り

サムティの株価指標と配当利回りは次のとおりです。

株価1,997円(+346円)
年間配当84.00円(+2円)
配当利回り4.20%(△0.76%)
発行株式数41,020,140株
時価総額81,917百万円
(+14,193百万円)
予想当期利益11,300~
12,300百万円
PER6.80倍
PBR1.04倍
※2021年4月9日終値時点(増減記載は同年1月28日との比較)

株価は、前回記事をアップした2021年1月28日終値よりも、346円値上がりしています。
3月30日に、通期で2円増配する予想が発表されたことや、第2四半期決算予想の上方修正などが市場に好印象を与えました

サムティは東証33業種では、「不動産業」に分類されています。
2021年3月の業種別平均では、不動産業はPERが16.6倍、PBRが1.2倍となっています。

他社の不動産業の予想PER、PBRと比較してみます。

銘柄PERPBR
サムティ(3244)6.80倍1.04倍
三井不動産(8801)19.54倍0.98倍
住友不動産販売(8830)12.75倍1.26倍
東急不動産HD(3289)27.16倍0.79倍
※2021年4月9日終値時点

競合他社や業種別平均と比較した結果、サムティの現在の株価は、PERで見るとかなり割安、PBRで見ると妥当な水準という結果になりました

過去3ヶ月の株価変動は次のとおりです。

画像出典:Trading View

青いチャートがサムティ、オレンジのチャートは日経平均株価を表しています。

過去3ヶ月では、日経平均株価がおおよそ横ばいに推移する一方で、サムティは3月頃から上昇に転じています
株価変動に影響を与えたと思われるようなニュースは次のとおりです。

  • 2月15日、同13日に発生した福島県沖の地震に関する人的被害、業績への影響はなしと発表。
  • 3月26日、アロフト大阪堂島匿名組合事業の出資持分の取得などを発表。
  • 3月29日、シャングリ・ラグループとの共同事業開始を発表。
  • 3月30日、21.11期第1四半期決算を発表。
  • 同日、第2四半期決算予想の上方修正を発表。
  • 同日、配当予想について、前期比「維持」から「2円増配」へ上方修正。
  • 同日、第1四半期において7件の収益不動産を取得したことを発表。

株主優待

画像出典:Pixabay

サムティには、株主優待があります!

所有株式数優待券(※)の枚数
200株以上
300株未満
1枚
300株以上
600株未満
2枚
600株以上
1,000株未満
3枚
1,000株以上
2,000株未満
4枚
2,000株以上
5,000株未満
6枚
5,000株以上
10,000株未満
8枚
10,000株以上10枚
※12ホテル共通無料宿泊券

対象の12ホテルは次のとおりです。

ホテル名所在地優待券必要枚数
センターホテル東京東京都中央区1枚
エスペリアイン日本橋箱崎東京都中央区1枚
エスペリアイン大阪本町大阪市西区1枚
エスペリアホテル博多福岡市博多区1枚
エスペリアホテル長崎長崎県長崎市1枚
エスぺリアホテル京都京都市下京区1枚
ネストホテル広島八丁堀広島市中区1枚
ネストホテル広島駅前広島市南区1枚
ホテルサンシャイン宇都宮栃木県宇都宮市1枚
イビススタイルズ名古屋名古屋市中村区1枚
天橋立ホテル(オーベルジュ)京都府宮津市1枚
メルキュール京都ステーション京都市下京区2枚
天橋立ホテル京都府宮津市3枚
優待券必要枚数は、1人が一泊するのに必要な枚数

第1四半期決算の概要

2021年3月30日に、サムティの2021年11月期の第1四半期決算が公表されました。
連結経常利益は、約23億円の赤字でした

セグメント損失は約10億円でした。
セグメント別の損益および増減は次のとおりです。

セグメント利益(円)増減
不動産事業△約1.1億前期黒字
⇒今期赤字
不動産賃貸業約5.7億△1.44%
その他の事業△7.4億前期赤字
⇒今期赤字
△2.8億前期黒字
⇒今期赤字

サムティは、今般の情勢を鑑みて、1月6日に「サムティ強靭化計画」を発表しています。
そこで、次のような方針転換を図っています。

従来

完成物件を速やかに売却して、キャピタルゲインを獲得

今後

完成物件を一定期間保有して、安定的・継続的に賃貸収益(インカムゲイン)を得る

第1四半期はインカムゲインの最大化を狙い、積極的に物件を仕入れ、その売却は第2四半期以降としています。
こうした方針転換の初っ端ということもあり、第1四半期決算は営業損失・経常損失となりました

業績予想の上方修正、増配予想を発表

第1四半期決算の発表と併せて、業績予想の上方修正と、増配予想が発表されました。
これは、「アロフト大阪堂島」、「(仮称)シャングリ・ラ京都二条城」の2ホテルについて、開発事業参画に伴う「負ののれん」を計上する予定となったためです

「負ののれん」とは?

「のれん」とは、買収額と、被買収企業の純資産額との「差額」です。
「負ののれん」は、被買収企業の純資産額よりも、安い金額で買収した時に発生します。
負ののれんは、損益計算書では通常、「特別利益」として計上します。

計上する「負ののれん」の内訳は、次のとおりです。

「アロフト大阪堂島」事業関連約22億円
(仮称)シャングリ・ラ京都二条城」事業関連約27億円

簡単に言うと、各事業に関連する企業の株を、その企業の純資産額よりも安く買い付けたことで発生するものです
また、この業績予想の上方修正を受けて、配当性向30%を目安とし、中間・期末ともに1円の増配予想としました。

ペン太

急に大きな利益が出たんだね。

まみこ

株主還元意識の高さが伝わってくるね!

7物件の収益不動産を取得

サムティは中期経営計画において、2025年までに、各種開発や収益不動産の取得などによって、合計約7,500億円という投資計画の目標値を定めています。
21.11期は、主要都市で計7物件の収益不動産を取得しました

主な取得不動産の概要は、次のとおりです。

名称所在用途
グレイスガーデン高崎群馬県高崎市共同住宅
(48戸)
サムティレジデンス西船橋千葉県船橋市共同住宅
(64戸)
サムティ都島North大阪市都島区共同住宅
(48戸)
サムティ大正River Terrace大阪市大正区共同住宅
(66戸)

中期経営計画の見直しについて

サムティは2021年1月27日に、中期経営計画の見直しについて発表しています。
こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

売上高、キャッシュフロー、配当推移など

サムティの過去の売上高やキャッシュフロー、配当推移などは、こちらの記事で詳しく解説しています。
ぜひ併せてご覧ください。

サムティ(3244)が第1四半期決算を発表! まとめ

ペン太

最近のサムティのことがなんとなくわかったよ。

まみこ

中期経営計画に沿って、収益不動産に積極的に投資しているね!

ここまで、サムティの第1四半期決算の内容について解説してきました。
重要なポイントをまとめると、次のとおりです。

  • サムティの株価は依然として割安で、配当利回りも高い。
  • サムティの第1四半期は経常損失を記録。収益不動産の積極的な買付けを実施。
  • 負ののれん発生益などにより、業績の上方修正と増配見込みを発表。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
日本株投資なら、1株から買うことができるSBIネオモバイル証券がオススメです。
その5つの理由について解説しています。
ぜひ併せてご覧ください。

まみこでした。

投資に関するオススメ書籍はこちら↓

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる