2021年9月末時点のポートフォリオ公開します!

ペン太

まみこはどんな銘柄を買っているの?

まみこ

投資信託、米国株、日本株を中心にいろいろな銘柄を買っているよ!

この記事では、2021年9月末時点の私のポートフォリオを公開します。
なお、2021年8月末時点のポートフォリオはこちらの記事で公開しています。

この記事を書いているのはこんな人

まみこGX(@mamicoooGX)

目次

2021年9月末時点のポートフォリオを公開!

それでは、2021年9月末時点のポートフォリオを公開していきます。

用語の説明「アセットアロケーション」と「ポートフォリオ」

まずは用語の説明をしていきます。

アセットアロケーション

アセットは「資産」、アロケーションは「配分」を表します。
「株式」、「債券」、「現金」などの資産をどのように配分するか決めることを言います。

ポートフォリオ

例えばアセットアロケーションで、株式を配分に含めることに決定したとします。
株式の中でも、複数銘柄に分散投資をして、リスク軽減を図ることを言います。

まみこ

アセットアロケーションが「大分類」、ポートフォリオが「小分類」みたいなイメージだね!

2021年9月末時点のアセットアロケーション

それではまず、私名義のアセットアロケーションを公開します。
アセットアロケーションは、全資産をパーセンテージで表すことで、資産配分が偏りすぎていないかなどを視覚的に把握するためなどに使います

※2021年10月1日6時時点

2021年9月末時点の資産総額は、3,134,511円となっています!
2021年8月末時点の資産総額と比べて、+227,455円となりました。

資産は大きく増加しました。
8月は残業が多かったので、10万円程度の残業代が支払われて単純に現金が増加しました
また、日本市場の株高により時価評価ベースでの増もありましたね。

ペン太

残業なんて珍しいね。

まみこ

忙しくてもできる限り残業せずに処理したいんだけど、8月はどうにもならなかったよ・・・。


私はこれまで約1年に渡り、次のようなステップで投資を進めています。

STEP
投資信託に毎月5万円を投資する

主に、楽天証券で投資信託を買い付けています。
楽天証券では、月に5万円まで楽天クレジットカードで買い付けることができます
楽天クレジットカードで買い付けをすると、1%の楽天ポイント還元が受けられます。
5万円のうち、33,333円はつみたてNISAへの積立てです。

STEP
余剰資金で、米国株や日本株へ投資する

投資信託への投資をしてもなお余剰資金があれば、米国株や日本株へ投資しています。
毎月配当金がもらえるようなポートフォリオを形成します。

①投資信託のポートフォリオ

投資信託のポートフォリオは次のとおりです。時価評価額を記載しています。

2021年10月1日6時時点

なお、投資銘柄の正式名称は次のとおりです。

雪だるま全世界

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))

eMAXIS Slim S&P500

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

楽天VTI

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))

その他
  • たわらノーロード 全世界株式
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

投資信託への投資方針は、これまでと変わっておりません。

現在は、「雪だるま全世界」のみ定額買い付けをしています
楽天クレジットカード枠の5万円を使い切るため、つみたてNISAに33,333円、特定口座に16,667円を毎月積み立てています。

投資対象をアメリカに絞るか、全世界にするかという議論は尽きることはありません。
私は、中国を含めた新興国が伸びてくると思っていますが、それ以外に、精神衛生上の理由もあります。
どんな景気になろうが、投資先を変更せずに積み立てていきたいので、何も考える必要がない「全世界」を投資対象としています

なお投資信託を買うのであれば、運用益などが非課税になる「つみたてNISA制度」を活用しましょう。
こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

②米国株、ETFのポートフォリオ

米国株やETFのポートフォリオは、次のとおりです。時価評価額を記載しています。

※2021年10月1日6時時点

なお、投資銘柄の正式名称は次のとおりです。

HDV

iシェアーズ コア米国高配当株 ETF

SPYD

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF

VZ

ベライゾン・コミュニケーションズ

XOM

エクソンモービル

VIG

バンガード・米国増配株式ETF

PM

フィリップ モリス インターナショナル

VWO

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

BYND

ビヨンド・ミート

ICLN

iシェアーズ グローバル・クリーンエネルギー ETF

そのうち、2021年9月から新たに買った銘柄はありません。

米国株式市場は、先月とは打って変わり、S&P500指数は月間ベースで2020年3月以来の大幅安となっています
米国では、予算案の成立などをめぐって与野党が対立しています。
10月1日に新会計年度になるので、それまでに「暫定予算」が成立しなければ、政府機関の閉鎖となる状況でした。
なんとか9月30日の取引時間内に暫定予算案が成立しましたが、S&P500指数の下げは止まらず、取引を終了しました

③日本株のポートフォリオ

日本株のポートフォリオは次のとおりです。時価評価額で算出しています。

※2021年9月30日15時時点


2021年9月中に手放した銘柄はありません。
また、2021年9月中に、新たに購入した銘柄もありません。

日本株は、一部銘柄を買い足したほか、含み益は大きく増えました。
ただし、9月30日の米国市場が大きな下げ幅となったので、10月1日の日本市場も引きずって大きく下げる可能性がありますね
私が保有する日本株は長期投資銘柄ばかりですので、決算書をチェックして大きな問題がなければ、基本的に「売り」に走ることはありません。

日本株のセクター比率を算出すると、次のとおりです。
時価評価額で算出しています。

※2021年9月30日15時時点

現状、サムティの不動産、三菱HCキャピタルの金融、ENEOSの石油・石炭セクターが上位3セクターです。
いずれも高配当ではありますが、景気に敏感であったり、事業の性格的にリスクのあるセクターです。
上位3セクターに偏りすぎず、今後もセクター分散を意識したポートフォリオを形成していきます

外国株には無配の成長株にも投資していますが、日本株の成長率には期待せず、高配当銘柄への投資を続けていく方針です。



その他の投資

ここからは、その他の投資について解説していきます。

・外国株(米国を除く)

米国以外の外国株にも視野を広げています。
9月は新しい銘柄への投資をしていません。

・NIO

中国版テスラとして期待される、電気自動車を販売している企業です。
最近は世界的な半導体不足で、生産台数・販売台数が伸び悩んでいますが、長期的な成長を期待している銘柄です

・仮想通貨

※2021年10月1日6時時点

私は、コインチェックを使って仮想通貨へ投資をしています。
その中でも、ビットコインには定額積立をしています。

コインチェックであれば、「定額積立機能」を使って、ドルコスト平均法による仮想通貨への投資をすることができます

私の積立方法
  1. 「ビットコインに毎月1万円投資する」という設定をしている
  2. 月初に銀行口座から1万円引き落とされる
  3. 1万円を元手に、毎日ビットコインを自動的に購入してくれる

またコインチェックは、保有している仮想通貨を「貸す」ことで運用益を得ることができるサービスがあります
つみたて設定と貸株サービスを併用しながら、ビットコインへの長期投資を進めていきます。

コインチェック

5月には、ビットコインを始めとした仮想通貨の大暴落がありました。
7月には、「Amazonでビットコイン決済導入か?」というニュースによって、ビットコイン価格が急騰しました。
さらに、9月末には中国の中央銀行が、暗号資産の関連事業を全面禁止すると発表したことなどを受けて、再び急落しました。
私はビットコインの将来性に期待し、引き続き長期投資を継続していく方針です

・金ほか

前月と同じく、金への投資を行っています。
楽天証券では定額積立設定をすることで、毎月設定金額を引き落として「積立口」にプールし、その積立口から1ヶ月かけて自動的に買い付けを行ってくれます。
金への投資でもドルコスト平均法を勝手にやってくれる、非常に優れたサービスです

2021年9月末時点で、金を時価53,820円分保有しており、1,180円の含み損となっています。

画像出典:楽天証券公式Webサイト

2021年9月末時点のポートフォリオ まとめ

ペン太

今月は資産が増えたね!!

まみこ

残業・・・大変だったからね(泣)
いろいろな副業を伸ばして、本業を辞められるように頑張るよ!

先月に引き続き、2021年9月末時点のポートフォリオを公開しました。
重要なポイントをまとめると、次のとおりです。

  • 米国市場の株価が大きく下がっているので、日本市場も引きずられて、資産が目減りする可能性がある
  • 現金の支出に関係なく、投資信託は「定額積立」を愚直に進めていく
  • ビットコインは暴落や急騰があったが、引き続き「定期積立」で長期投資していく

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回紹介した銘柄以外にも、たくさんの銘柄を分析した記事をアップしています。
こちらの記事でまとめていますので、ぜひ併せてご覧ください。

まみこでした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる